意味性認知症の夫との闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 特別障害者手当

<<   作成日時 : 2015/08/13 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

今日は特別障害者手当の更新手続きに行ってきた。
年に一度、所得状況の確認を行う事になっている。

持ち物は、

・ 特別障害者手当に関する届出
・ 印鑑



在宅で介護している場合、条件にあえば支給される。

最初に医師に書いてもらう「特別障害者手当認定診断書」は有料なので、
知的障害・精神障害を有し、
『 日常生活能力判定表』の合計が14点以上になると思ったら、
主治医の先生に相談して申請したら良いと思う。
※知的障害・精神障害は、おおむね療育手帳A・B1 精神障害者手帳1・2級


『日常生活能力判定表』  

できる  0 点  
介護があればできる 1 点  
できない 2 点

1  食事 ひとりでできる / 介護があればできる /  できない
2  用便(月経)始末 ひとりでできる / 介護があればできる / できない
3  衣服の着脱 ひとりでできる / 介護があればできる / できない
4  簡単な買い物 ひとりでできる /  介護があればできる / できない
5  家族との会話 通じる / 少しは通じる  / 通じない
6  家族以外との会話 通じる / 少しは通じる  /  通じない
7  刃物・火の危険 わかる /  少しはわかる  / わからない
8  戸外での危険から身 を守る(交通事故) 守ることができる /
   不十分ながら守ることができる / 守ることができない

特別障害者手当については、
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/jidou/tokubetsu.html



にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
325.特別障害者手当
特別障害者手当 情報として知っていましたので、退院してすぐ申請しようという気持ちはありました。 ...続きを見る
一歩前進 〜意味性認知症の夫と〜
2016/05/30 22:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
シマウマさん こんばんは。
特別障害者手当を支給されているのですね。
夫は今入院中ですが、
在宅の頃、こんなに大変なのだから少しでも支援が受けられないものかと調べていました。
でも、この特別障害者手当にも無理がありました。
夫は迷惑をかけながらも買い物はするし、ひとりで電子レンジを使って食事もひとりで食べるし、夜中にひとりで着替えて自転車に乗って出かけました。
危険から身を守ることができていたか?
そこが一番心配でした。
夜中にひとりで着替えてご飯を食べて出てしまう認知症は、14点以下になってしまします。
介護する私は、大変とも思いませんでしたが、少しでもその介護報酬というか、何か少しでも「手当」とかあれば報われた感もあったかもしれません。
今は病院の支払いが大変です
らら
2015/08/15 21:36
ららさん、こんばんは。

特別障害者手当の審査って結構厳しいんですよね。
でも「できる」「できない」の判断って難しいと思いませんか?
先生の捉え方にも個人差があるかもしれないし・・・

しかし、ららさんのご主人のように電子レンジを使ったり、買い物ができたらダメなんでしょうね。
でも、その頃が一番大変なんですよね
そこをわかってもらいたいです!

入院費や施設の入居費って大変だと聞いています。
指定難病の認定を受けたとしても、健康保険にかかる部分だけなので、それ以外のオムツ代とか洗濯代とか色んな事にお金がかかるんですよね。
シマウマ
2015/08/15 23:15
シマウマさん
ほんとうにその通りです。
入院中の今ですが、
同じ事を家族がしても無報酬です。
他人に委ねると高額になります。

何か違う、と思うのです。
シマウマさんのようにできたらいいな、と思ってしまいます。
デイも小規模多機能もショートステイも今の自治体では期待できず悲しい思いです。
入院しかないのかと・・・・。

オムツ代も自治体によって差があるようです。
入院していても補助がある所もあります。
難病指定はそれなりに自治体の補助もあるので頑張って申請するつもりです。
入院先の医師が指定医ではないので、ちょっと面倒です。
でも、難病ですよね。
らら
2015/08/15 23:49
ららさん、
地域で支えあい在宅介護!と言っても限界があると思いませんか?
結局は家族なんです。
パンツの中でウンチをしたら地域の方が協力してくれますか?(笑)
訪問ヘルパーさんだって、来てくれた時に運よく(笑)汚れて
いるわけではなく、やっぱり家族がするしかないのです。
本当に家族に対しても支援がほしいと思います。
愛情と精神力だけでは身が持ちません。

障害年金や介護サービスなど、だいたい同じ症状でも認定する人の理解度によってばらつかがあったり、地域差があってはいけないですよね。

私の地域では最近、立派な駅や道路が次々とできています。
これからは人口減少だと言われているのに・・・
それで、行政サービスを安定して続けられるためとかで、今年からオムツ券の支給が半額になりました。
えーーっ!そこに来るの?って感じです(怒)

指定難病の申請は、夫の先生も認定医ではないと言われて諦めました。
その時、難病認定医の数が少ないことを初めて知りました。
でも、夫の友人が助成の有無とは関係なく、患者登録することで医師が患者さんを見つけやすくなり、新しい治療法や薬の研究に役立つんだと言いました。
友人は医師なので説得力がありました。
来週、もう一度先生にお願いしてみようと思います。
だって、意味性認知症は国の指定難病なんですからね。
シマウマ
2015/08/16 13:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
特別障害者手当 意味性認知症の夫との闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる