意味性認知症の夫との闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 診察室で一発

<<   作成日時 : 2017/07/14 23:16   >>

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は通院日。
神経内科と和漢診療科の診察。

まず最初は神経内科から。

春頃から、食事に時間がかかるようになり、
口をギュッと閉じて、開けようとしなかったり、
なかなか飲み込まないで、
モゴモゴしている事が出て来た。

前頭葉症状が重度になると、
舌で送り込むと言う事が難しくなり、
そのため、口の中にため込んで、
頬が膨らみ飲み込めないのだという。

一番心配なのは、
食べるという行為をしなくなること・・・
と、言われていたけど、
たぶん、漢方薬の効果なのか改善されてきた。
神経内科の先生も驚いていた。

生薬を増量してから、
食べる事は改善されたけど、
デイでは、いつもより室内を歩き回る時間が増えた。
でも先生は、
生きるためには食べる事が大切なので、
普段より多く歩く事は運動だと思いましょう…
と、おっしゃった。


次に和漢診療科。

生薬の遠志を4gから5gに増やして2週間の様子。

・始めの数日は寝付きが悪かったが、その後改善。
・発語はないが、表情がとても良い。
・人の顔をよく見るようになった。
・食事を上手に食べるようになった。
・デイの食事が進まない。
たぶん、味の好き嫌いがはっきりしたのかもしれない。
・午前中の排尿が少なく、おねしょの量がやや多い。
・デイでは、いつもより部屋を歩く時間が増えた。

舌診の時、
前回より口が大きく開きますね…と、先生に言われた。
脈診を終えて、
次はベットの上で腹診。

その時、事件が起きた!
先生が、お腹をギュと押した時、
夫が、ブ一と一発、屁をこいた  

私 : す、すいませーん 
先生 : ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 大丈夫ですよ!
夫 : 知ら〜ん顔 
恥ずかしいとか、我慢しようとか、
そんな気持ちはもうない・・・
自然のまま、ピュアに生きている。

夫はほぼ毎日、排便があるので、
オナラが臭わなかったのが、
せめてもの救いだった 


今回の漢方薬については、
調子が良いのでこのまま継続。

次回の通院は4週間後になるのだが、
「山の日」で休日になるため3週間後。
あっという間に8月になる。




にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
シマウマさん
こんにちは。

通院お疲れさまです。
漢方薬が合ったいるのですね。
毎日、良くご主人を観察なさって、漢方薬も煎じて飲ませているのですよね。
スゴイな〜と感心しています。
暑い夏、無理せず乗りきりましょう。
らら
2017/07/16 13:44
ららさん、
こんばんは。

通院は大変ですが、夫にとっては唯一の外出…遠出で楽しいです。
最近は外食も病院内だけになってしまいました。

漢方薬は夫の体調に合わせて、専門医が微妙な調整をしてくださるので合っているのでしょうね。
煎じ薬は毎日40分煎じますが、もう生活の一部になっているので何ともないです。
私よりも、在宅で胃瘻の管理をされているららさんの方がはるかに凄いです!

最近は日本中どこでも暑いですね。
節約を無視して、一日中エアコンがフル回転です。
シマウマ
2017/07/16 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
診察室で一発 意味性認知症の夫との闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる