意味性認知症の夫との闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 奇跡の尿検査

<<   作成日時 : 2017/08/06 11:57   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

金曜日は和漢外来の診察日だった。
水曜日の午後、血尿が出た事で、
通常の血液検査に、いくつかの項目が追加され、
それと尿検査もする事になった。
尿検査かぁ
紙コップにおしっこを採る事ができるかなぁ〜


1回目、
タイミングをみてトイレに連れて行くと、
もうパット内におしっこをしてた。

2回目も同じ (;´д`)トホホ


待合室で看護師さんに、
本人が尿意を伝えられなくてタイミングがわからない事や、
頑張って少量でもおしっこを出す!という事が出来ない事、
もし、トイレで出ても、うまく紙コップに入れられるのか、
そんな事を色々と話していた。

もし、どうしても採れなかったら、
診察時に先生に伝えて、その後どうするかは、
先生の判断。

尿検査そのものをやめるか、
導尿カテーテルで採尿するのか・・・

看護師さんは、
カテーテルは可哀そうだね、
その事でかえって尿道を傷つけてしまうかもしれないしね、
こんなふうに、少し強めに膀胱のあたりを押しみて、
少しでも出たらいいのにね〜と、
夫の下腹部を押してみせてくれた。


3回目の挑戦。

便座に座らせていると、
おしっこが出ているのかわからないし、
紙コップも入れられないので、
壁際に立たせて、少し強めに膀胱あたりを押してみた。

夫は、何するんだよ〜って顔をしてたけど、
その時、持ってた紙コップに、
チョロチョロチョロ〜っと、
おしっこが入る音がした 

もーこの音色は忘れられない!
久しぶりに感激したヽ(^。^)ノ 
看護師さんも一緒に喜んでくれた

今回、自然尿が採れた事で、
ガンかどうかの病理診断も出来る事になった。
夫は運をもっているのかもしれない!と思った。

今までは、おしっこなんて…と思っていたけど、
おしっこの検査って大切なんだと実感した!


それで、
血液検査の結果は、
CRPは0.10
白血球数は64.0で、他の項目も特に異常なし。

尿検査の結果は、
見た目には変化がないようだったが潜血が3+
白血球エステラーゼが2+
濁度が1+

だいたいこのような場合、
膀胱に炎症があるという事で、
抗生物質を飲むのかもしれないけど、
夫は以前、抗生物質の副作用で顔と手、足が浮腫んだ。

このような事から今回の薬は、
『猪苓湯合四物湯』になった。
このお薬は、
身体の中の毒(菌)を洗い流すため、
おしっこを沢山、出す漢方薬。

現在服薬している加味帰脾湯を止めて、
この煎じ薬を10日間服薬。
次回の診察日で、尿の細胞診の結果を聞く事になっている。
その結果で、泌尿器科に診てもらうか決める事にした。


ところで、
この『猪苓湯合四物湯』、
煎じ方がいつもより面倒くさい。

まず最初に生薬「1」を600mlの水に入れ40分間煎じる。
出来上がったら、熱いうちにこして、
こした薬液と生薬「2」(阿膠)を入れて、
とろ火で5〜10分溶解させる。

先生が、このお薬は煎じ方が大変なので、
エキス剤にしますか?とおっしゃったけど、
たったの10日間なので、煎じる方にした。


以前、ららさんがブログで、
自宅で胃ろうのご主人を介護している事を、
看護師さんの真似ができて嬉しいと書いてあったが、

私の場合、薬を煎じる事は、
チャングムの真似ができて嬉しい (*^-^*)
 ※チャングムとは、韓国ドラマ「チャングムの誓い」に出て来る女性

チャングムのお母さんの教えである、
「悲しんではだめ、泣いてもだめ、簡単に諦めてもいけません」
という、言葉を思い出しながら、
毎日コトコト薬を煎じている。




にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
導尿せずに採尿できて、良かったですね!
ところで、うちの夫は3度目の血尿のことも書きますね。
ちょうど大学病院の受診待ちをしている時に、夫が15分に1回程度トイレに行きたがるので、おかしいと思ってみたら、かなりの血尿が出ている! これまでの経験から、受診待ちの科に事情を話して途中で抜け出し、すぐに泌尿器科へ。採尿時にも肉眼的にかなりの血液を認めました。医師の判断は「膀胱炎でしょう」と。
抗生物質を処方され、夫はこのときに初めての「幻視」が出現。
「さっきまで股のところにたくさん蟹がいたんだけど、さっ〜といなくなっちゃったよ〜」とか・・・でも、薬が効いたのか、無事、血尿も治まりました。そのときは、膀胱鏡検査の話などは出ませんでした。
実は私自身も昨年ぐらいから頻繁に膀胱炎になり、「生理か?」というぐらいの激しい血尿が出たり・・・で心配になって大学妙院へ。深刻な顔の私に対して、医師は「膀胱炎ですね!」とかる〜い感じでの応対。医師はこの程度の血尿では驚かないのかぁと。まあ、実際に抗生物質を飲めば効いたのですが、私の場合、短期間に頻回に繰り返したので、夫の経験もあって、自分から申し出て膀胱鏡検査をしました。結果は問題なしでした。
夫が血尿から膀胱鏡検査までした時は、膀胱炎らしき症状がまったくなかったのです。だから、医師が{?」と思って検査したのでしょう。
私も、今、エキス剤ですが、猪苓湯と清心連子飲という膀胱炎に効くらしい漢方薬を飲んでいます。ここ1週間ほど膀胱炎になりそうな気配(すこ〜し痛むのです)があり、以前だったら、間違いなく膀胱炎が悪化したところだと思いますが、この漢方薬でなんとか踏みとどまっています。
ご主人もうちの夫も、ちょっとした身体の不調も、自分から訴えられないので、しっかり様子を観察しないといけませんよね。
アワキビ
2017/08/07 11:09
尿が無事採れて、まずは良かったです。
云っても云っても分からないからひと仕事。

姉は4年前に集団健康診断で、紙コップに、水が出た水が出た、と云って水道水を入れたコップを持って来ました。
翌年は私がアテて採らせて。
あれから健康診断もしていないけど・・・

それにしてもこの暑い中(冷房効いてるね)
コツコツ薬を煎じてる事に感心。
どれだけ旦那さんを想ってるか?頭が下がります。
検査結果大事でない事を願ってます。台所でも熱中症に気を付けてね。

サザンカ
2017/08/07 20:48
アワキビさん、
ありがとうございます。

それ!聞きたかったです!血尿の色の事…
私自身、経験が無いので、どれ位が血尿なのかよくわかりませんでした。
真っ赤な鮮血なのか、ドロッとした古そうな血なのか、みんなどんな感じを血尿と言うのか知りたかったです。

アワキビさんのご主人もアワキビさんも、目で見てはっきりわかる血尿だったのですね。
うちの夫の場合、これ、血?それとも濃いおしっこ?って感じの薄いピンクかベージュ色。
パットじゃなければ見落としてました。

一般的にはこの程度で騒いで大袈裟ですよね
でも、夫が痛い事も苦しい事も伝えられないので、私がこんなふうになってしまうのです。

本当に採尿できて良かったです。
検査の意味もわからないで、導尿されるのは可哀そうです。
先生が採尿できるまで待っててくださったので良かったです。
おかげで、10時の予約だったのに、診察が終わったのが午後1時過ぎでした。
それから煎じ薬を調合してもらい、家に帰ったのは夕方でした。
でも、考えてみたら大学病院の和漢診療科って、最新の西洋医学と伝統的な東洋医学の両方で身体全体を診てくれるので、夫にはピッタリな診療科だと思いました。

アワキビさんも漢方薬を服薬しているんですね。
エキス剤は100ccの熱湯でとかして、人肌に冷ましてから飲むと良いそうです。
シマウマ
2017/08/07 22:39
サザンカさん、
尿を採るって大変ですよねぇ(>_<)

同性ならまだしも、男性の採尿って、どうしたら良いのかわからないですよ。
でも、尿検査は大切だとわかりました。

今日は凄く暑かったですね!
気温が37度を超えました。

わが家の夏は、殆ど一日中クーラーをつけたままなのです。
夫が暑いとか寒いとか言えなくなってから、部屋を全部開けて全室冷房中。
一カ月の電気代は、それはそれは凄い事になっております

でも夫は、旅行とか外食とかできないので、その分、電気だけは贅沢に使って快適に過ごす事にしています(笑)
なのでキッチンも涼しいです^^

どれだけ夫の事を想っているか…については、
夫の状態をできるだけ維持する事は自分のためでもあります。
夫が重症化したら私自身の生活が大変になるからです。

病気自体を治す薬がないので、最後の砦は漢方薬。
しかも夫の体調に合わせたオーダーメイドなので、大切に煎じて飲ませています。
シマウマ
2017/08/07 22:59
私と夫の経験の範囲でのことですが、血尿は、その時々で、かなり状態が違います。
夫が膀胱腫瘍を診断される前の血尿は、おしっこ自体は透明に見えて、便器に少し血片のようなものが出ました。今思うと腫瘍の組織から出血したというか、組織が剥がれて出てきたのかもしれないです。
尿道炎の時は、頻繁にトイレに行くので、トイレの便器の中を見たら、少し血が混じっていた感じでした。
膀胱炎の時は、かなり出血の量が多かったです。
私の膀胱炎では、採尿コップが真っ赤になるほどの出血量の時もあれば、尿が白っぽく濁っているなあ(顕微鏡で見ると、潜血3+、目には見えない血尿です)とか、その時々で違います。
尿中に細菌が出ているか、白血球が増えているか、そのあたりを見て、判断するのだろうと思います。

ところで、ご主人は、トイレの便座にはしばらく座っていることはできるのですよね? それでしたら、便器につけて使う採尿容器「ユーリパン」を使うとよいと思います。先日夫が入院した病院でこれを使っていて、尿量を測ったり、尿検査用の採尿をしており、便利でした。
それから、コンドーム型の「ユリドーム」というのもあります。これは寝たままの状態で採尿できます。オムツを使いたくないけど、寝たきりで起きられない・・・という人用の採尿器のようです。
でも、ラテックスの部分は使い捨てなので、コスト的には結構高い物になるかも・・・
「ユーリパン」も「ユリドーム」も通販で買えます。
アワキビ
2017/08/08 14:32
アワキビさん、
良い物を紹介してくださって、ありがとうございます。
早速調べてみました。
便利なものがあるんですね〜
これなら採れそうです!
トイレのサイズに合う、合わないがあるみたいですが、とりあえず買ってみようかな♪

こんな優れもの、夫が通う病院にはないのかな。
あっても入院患者さん用かしらね。
紙コップかカテーテルしかないと諦めていたので嬉しいです。
通院時にはこれを持参しようと思います^^

アワキビさんが前に書いてあった、「色んなところにアンテナを張って情報収集をする!」介護には、これが大事なんですね〜

夫の様子ですが、漢方薬が効いているのか、バランスよく排尿しています。
力を入れてる感じもなく、ラクラク出る感じです。
色も綺麗だし。

今までは午前中が少なかったり、午後が頻尿だったり、最近はおねしょが多かったり・・・
やっぱり何処か悪かったのでしょうね。

自分で言えないので、私が早く気付いてあげないといけないのですが、なかなか難しいです。
最初の血尿で、便器に少し血のようなものが付きました。
先生に、塊みたいなものがありましたか?と聞かれましたが、あまりよく見てませんでした。
反省です。
シマウマ
2017/08/08 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
奇跡の尿検査 意味性認知症の夫との闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる