意味性認知症の夫との闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護サービスのお金

<<   作成日時 : 2017/10/03 21:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 7

介護サービス費の話。
夫は小規模多機能型居宅介護を利用している。
要介護5なので、基本料金が一番高くなり26,849 円。

小規模多機能型居宅介護の基本料金は定額制。
沢山利用しても、あまり利用しなくても基本料金は変わらない。
でも、365日24時間の対応、
家族の都合で臨機応変に利用できるところが安心できる。
デイもショートも同じ場所なので、
夫も安心していると思う。


基本料金は、26,849 円以外に加算もある。

・小規模多機能型訪問体制強化加算
・小規模多機能型マネジメント加算
・小規模多機能型サービス提供体制加算
・小規模多機能型処遇改善加算
・小規模多機能型認知症加算
・小規模多機能型看護職員配置加算

わが家の場合、
これを加算した34,051円が定額の介護サービス費になる。

そして、実費として、
デイを利用した時の食事代 (週4日の昼食代+週1回の夕食代)
ショートの時の宿泊代 (定期的な利用は無し)
出張床屋代 (だいたい1〜2か月に1回)
を合計して、
毎月、約42,000〜45,000円位の支払いになる。


わが家の収入は、夫の障害年金のみで非課税世帯。
1ヵ月間の介護サービス費の、
自己負担上限額が15,000円なので、
これを超えた分、19,051円が、
毎月、「高額介護サービス費」として還元されている。

あと、重度の在宅介護なので
特別障害者手当」が振り込まれている。
これは月/26,810円


このようなサービスや制度を利用しながら、
認知症になっても普通に暮らしている。



にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
シマウマさん
我が家も現在は夫の年金のみで、私が仕事を辞めて3年が経過しました。辞めた翌年は住民税はしっかり課税。翌々年は、3月に辞めたため、3ヶ月分の収入で計算し、均等割だけでしたが住民税課税。そして、ようやく今年から私も非課税になり、世帯全員が非課税となりました。
調べてみると、我が家の場合は、高額介護サービス費上限額は24600円でした。
現在、要介護2なので、現在は上限額を超えていません。
けれども、夫が転倒後、歩行障害がひどくなり、介護にかかる負担が増し、介護用ベッドのレンタルも必要となり、介護区分変更申請の必要に迫られています。しかし、要介護度がアップすると、小規模多機能の利用料が大幅アップになるので、利用頻度が少ない(週2回、半日ずつぐらい)我が家としては、躊躇する部分がありましたが、高額介護サービス費制度が適用になるので、現在よりせいぜい1000円程度のアップで済みそうだということがわかりました。
これで安心して、区分変更申請ができます。
シマウマさん、この制度があったことを思い出させていただき、ありがとうございました!
アワキビ
2017/10/05 19:05
アワキビさん、
思い出してもらえて良かったです!(^^)!
早速、区分変更して、機能的な介護用品をレンタルしてください!

デイの利用もそうですが、介護にゆとりが出来ると今の自分が幸せであると思う事ができます。
夫に対して寛容になれる事で、イライラドキドキが減り、結果、自分が元気になれます^^
健康第一です

夫は在籍中の診断だったので、障害厚生年金+障害基礎年金の受給です。
この場合、収入は0円?になるようで、非課税となり上限が15,000円になります。
やがて、このような制度も無くなって、老齢年金の非課税と同じ扱いになるのかもしれませんね・・・

以前、知り合いが、小規模の場合は要介護5で基本料金が高くても、高額介護サービス費があるので使いやすいと言っていました。

特別障害者手当は対象になりませんか?
シマウマ
2017/10/06 22:28
シマウマさん
うちの夫は20歳前の障害なので、障害基礎年金+厚生年金(共済年金)の組み合わせです。以前は、老齢寝金+共済年金でしたが、何年か前に制度が変わって、障害基礎年金と厚生年金を選択できるようになったので、あらためて申請し直しました。
老齢寝金は課税ですが、障害基礎年金は非課税なのですね。
厚生年金(共済年金)部分のみ課税扱いで計算することになりますので、その分、上限額は上がります。
夫は、身体障害者手帳2急ですので、特別障害者手当も対象です。
NHKの放送受信料は、今年度から、世帯全員が非課税となった関係で、申請をして免除になりました。昨年までは半額免除でした(聴覚障害者なので)。
アワキビ
2017/10/07 01:01
すみません。漢字変換間違えてました。

老齢寝金 → 老齢年金
2急 → 2級

NHKの放送受信料の免除は、契約者本人に障害がある場合に限られます。あぶなかったのは、NHKの集金人に、夫が障害者であることを告げると、契約にあたって「ご家族が書いてくださってもいいんですよ〜」と言ったのです。その時、私は契約書をよく読み、契約者自信が障害者でないと免除にならないと書いてあることを確認しました。危なかった、免除対象にならないように、わざとあのように言ったのではないかと勘ぐっています。
アワキビ
2017/10/07 01:09
アワキビさん、
ご主人は障害基礎年金と老齢厚生年金の組み合わせなんですね。
厚生年金のほうは、20歳前の障害でも、障害厚生年金にはならないのですね・・・
年金は色々と難しいですね。
障害年金の事で相談を受ける事もあるのですが、老齢厚生年金の方が年間20〜30万多い場合だと、老齢を選択する人が多いです。
でも、障害年金の非課税の場合は色々と優遇されているので、先々を考えると、2.30万円少なくても全然損はしないのです。
目先の金額に惑わされないで…と話した事もありましたが、結局、老齢年金を選ぶ方が多かったです。
私の説明不足、力不足なんですが、年金事務所でも丁寧な説明があれば良いのにと思いました。

NHKの免除は、福祉事務所で用紙をもらったような気がします。
違ったかな?
わが家はNHK料金を年払いにしてたので、免除になったら戻ってきました。
NHKって先払いだったんですね〜知りませんでした。

特別障害者手当は、何故か役所が消極的で、これを出しても殆ど通りませんよ…とか、診断書にお金がかかるだけ損ですよ〜とか、この手当の事はどこで知ったのですか?と、対応が不自然でした。
ナゼでしょう(・・?
シマウマ
2017/10/07 13:33
シマウマさん
 間違えていました。特別障害者手当(国の制度)は受給していませんでした。受給していたのは在宅心身障害者手当(都の制度)のみです。
 そうか、特別障害者手当・・・これまでは非該当だったけれども、現在の状態では該当する可能性がありますね。
 どのような診断書が得られるかがポイントになりそうですね。
 前頭側頭型認知症の方は、難病指定になっているので通りやすいかもしれませんね。施設に入所しているともらえないのですね。
在宅の皆さん、特別障害者手当、受給しているのでしょうか?
 うちも可能かどうかちょっと検討してみます。

 NHKの免除申請は、うちの地域では障害福祉課が窓口でした。
 NHKでは、非課税になっても自動的には変更してくれません。
 今年、半額免除分の引き落としの通知が来たので、NHKに問い合わせると、あらためて申請が必要だと言われて、役所の障害福祉課に行き、免除申請書に非課税証明を受けて、NHKに郵送しました。
アワキビ
2017/10/07 19:35
アワキビさん、
このブログから、私が前に書いた「特別障害者手当」のブログに飛んでいけるようにしました。
ちょっと見てきてください^^

そこの『日常生活能力判定表』で、14点になるか…です。
夫は精神障害者手帳1級の時に申請しました。
その時はまだ前頭側頭葉変性症は指定難病になる前でした。

私の周りで受給している人達は、精神障害者手帳1級、要介護3以上の人が多いです。
シマウマ
2017/10/07 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
介護サービスのお金 意味性認知症の夫との闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる