入院12日目、腹部MRI

今日は朝食抜きでMRI検査を受ける。
救急搬送の日に撮ったCTや先日の腹部エコー検査でわかった、
肝臓にある嚢胞の確認と先日から出ている「緑色のウンコ」について。

本当は肝臓の検査は造影CTが良いとの事だけど、
薬に過敏の場合、造影剤でアレルギーが出る事があると言う。
そして、
緑色のウンコはどうやら胃からの出血のようで・・・
重症の場合は胃カメラで確認して、
出血している部分をクリッピングするらしいが、
夫のウンコは薬の効果で緑色から茶色になってきてるし、
もし夫が胃カメラの検査をするとしたら指示が入らないので難しい。
それで取りあえずMRI検査をする事になったのだ。

さて今回は、
前回の心エコーの時みたいにならないよう私も検査室へ同行する。

すると夫は、車椅子ではなくベッドに寝かされたまま運ばれた。
1階のMRI室に到着すると、
何処からともなく放射線科の若い技師さん達がやって来た!
まるで月9ドラマ「ラジエーションハウス」みたいだ

夫のベッドを6人の若い衆が取り囲み、
ベッドと同じ高さにしたストレッチャーを横付けしたら、
「スライディングボード」を使ってスルリとストレッチャーに移動させた
そして、
そのままMRIの台に横付けしてまたまたスライディングボードで移動。

前回、心エコー検査で苦労したのでこの方法を考えたのかもしれない。
でもねぇ・・・
夫は全身が動かないわけではないのよ(ーー;)
ちゃんと動けるんだけどね、まっ、いいか!

MRI検査が終わるとまた若い衆がやって来て、
同じようにスライディングボードで移動。
夫は一度も動く事なく検査終了。


午後は退院に向けてのリハビリ。
理学療法士さんと作業療法士さんと一緒に駐車場まで行き、
私の車に乗る練習をした。

さ~て!助手席に乗る事が出来るかな?
1回目、
右足を車に乗せたものの座席までお尻が上がらない。
足の力が弱っている・・・
もう一度仕切り直して挑戦!
歩く所から始めて勢いをつけて乗る。

乗れた、乗れた
これで何とか帰れそう(^-^;

私の車はタントで前方のドアが90度に開く。
後ろのスライドドアを開けると真ん中の柱がないのも乗りやすい。
足を乗せるステップが低く天井が高い子育て仕様の車だけど、
"大人育て"にも良いみたい(^-^)






にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック