入院中の食事について

夫が入院した翌朝、
自宅での食事について色々と聞かせてください・・・
と、管理栄養士さんが来た。

食事は普通の食事で、
軟らかすぎたりトロミがついているものはあまり好きではなく、
食べ方にもリズムみたいなものがある。
2センチ位にカットしたものを噛んで、噛んで、噛んで・・・ゴックン!
歯ごたえのないものだと噛んでいる内に忘れてしまうのか、
いつまでも噛んでてゴックンしないで口の中に溜まっている事がある。

飲み込まないからと言って、
トロミ食やペースト状にしてしまうと逆効果で食べなくなる。
最近の夫は、食べている途中でやめたり寝てしまったり、
食べさせようとしても口をギュッ!と閉じてしまう事があると話した。

その解決法として自宅でやってる事は、
食事の前や途中で噛み応えのある果物を食べさせて食事を促し、
食べる意欲をアップさせている。

栄養士さんが「どんな果物ですか?」と聞くので、
今はリンゴやキウイフルーツ、スイカなどで、
秋は柿や梨など何でもと答えた。

それでは、毎食フルーツを出します!と言い、
リンゴは時期的に難しいので、
オレンジ・キウイフルーツ・グレープフルーツ・バナナになると思います!
との事。
家から持って来るのでいいですよ (^-^; と言ったが、
大丈夫ですよ(^-^) と言う。

そのあとでもう一度来て、
朝食だけは調理師さん不足で用意ができないので、
「医療用のチョコレート」でいいですか?との事。

そんなチョコレートがあるんだぁ(◎_◎;)

このチョコレートは、
グリコの「たんぱく調整チョコレート」と言い、
・たんぱく質0.15g
・食塩相当量0.003g
・エネルギー50cal
と言う腎臓に疾患がある人用のチョコレートなんだと言う。

チョコでも何でもいい!
無理と言わず、知恵を出し合い考えてくれた事に感謝。


「朝食」
ご飯・みそ汁・おかずの他にチョコレート1枚

「昼食」
ご飯・おかず・フルーツ・ヤクルト・デザート(ゼリー・ムース・プリンなど)

「夕食」
ご飯・おかず・フルーツ

が、毎食出た。

病院の食事がこんなに融通が利くなんて驚いた。

あと、麺類は食べるのに時間がかかるので丼物に変えてもらった。
「たまご丼物」が出た。

おかげで夫はいつも食事を美味しく頂き、
排便も毎日あった。
そして、食べる事が一番のリハビリになった。





にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック