2級まであと4指数

夫の身体障害者手帳は2種3級。
「言語機能障害」で疾病による言語機能の喪失となっている。
認知症の失語状態で身体障害者手帳を取得したのは稀らしい。

意味性認知症は指定難病で「失語型」になる。
今でこそ言葉が出なくなったけど、
最初から喋れないわけではない。
しかも流暢に喋る。
喋るけど言葉の意味が通じないので会話が噛み合わないのだ。
・ハサミ取ってくれる?
・ハサミってなに? と言う具合だ。
この状態を失語タイプにあえて分類するとしたら、
「超皮質性感覚失語」となるのだそうだ。

手帳を取得した時に確認したら、
2種3級とは自分で通院できる状態だと言われた。
理由は言葉が不自由でも歩けるから通えると言う事らしい・・・
これって本当に変だ!
足が不自由でも頭がしっかりしている人は一人で通院できそうだが、
こちらは介助が必要とみなされて色んなサービスが受けられる。

夫が3級から2級になるには指数が「4」足りないそうだ。
ちなみに、
障害等級1級の指数は18
2級ー11
3級―7
4級ー4
5級ー2
6級―1
7級ー0.5 となる。

夫は要介護5で全介助が必要。
一人では通院どころか何もかも出来ない。
でも、身体障害者手帳とは連動してないので介助にはならない。
国はこういうのを見直さないのかな?





にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

のんた2号
2019年07月14日 17:12
音声・言語機能障害では3級が最高ですね。身体1・2級にするには他の身体障害の認定を受けて合算するしかないです。
アルツハイマー病の場合は、病気が進行して言語機能の障害でコミュニケーションが取れなくても身体障害の認定はSDと違って無理です。認知症だけの原因で寝たきりになっても身体1・2級は難しいでしょう。関節の可動域や筋力の低下状態によるようです。優子さんの場合は転倒して大腿骨を骨折し、歩けなくなったり体幹の維持が困難になったのでかろうじて1級です。問答集を読んでいると認知症の方には身体の等級を低くしたいのかと疑ってしまいます。
シマウマ
2019年07月14日 23:39
のんた2号さん、
現在2級を目指していますが難しいでしょうかね…

そうなんです!
言語は4級と3級しかなくて3級が最高なんです。
取得したのは3年前です。
今は色々と手がかかるようになりました。

先週、往診の時に訪問医の先生が診断書のための診察をしてくれました。
「肢体不自由」の動作・活動の項目が△と×が多いけど、身体障害の場合は麻痺や欠損がないとなかなか難しいとおっしゃっていました。
それで、点数が行くようだったら提出するって事で診断書待ちです。

認知症は頭の病気なんだから身体障害だと思うのですが、加齢による認知症と若年の認知症を一緒に考えているところが問題だと思いませんか?
2019年07月15日 16:45
シマウマさん
2級を目指すって?
解釈の違いもあるけれど、難しそうですね。

この病気、障害はなかなか理解されなくて、「精神障害」の支援も「身体障害」や「知的障害」に比べて遅れているように思います。
精神障害にも「1種」という考え方があって「精神障害1種1級」「常に介護を必要とする」となって、「身体障害1種」と同じ支援が受けらるといいですよね。
そうなるといいですね。
「有料道路割引」とか、利用できまずよね。

東京都では、やっと今年1月、精神障害も医療費助成の対象になりました。
遅れていますよね。
希望は、持ちましょう!
シマウマ
2019年07月15日 22:37
ららさんのご主人が2級・・・
と、なるとやはり夫は難しいでしょうかねぇ。
障害年金の診断書については「診断書不要」となり、もう治る見込みがないと言うお墨付きを頂きました。
それほど重い障害を負っても身体障害となると難しい。
のんた2号さんとららさんのコメントを読むと困難さが良くわかります。
とりあえず先生からの連絡待ちです。