シュークリームが来た、来た!

お取り寄せしていたシュークリームが遂に届いた!
夫が生まれた年に誕生したジャンボシュークリームは、
お誕生日や特別な時にしか買ってもらえなかったはず。
大人になってからも帰省した時に必ず食べていた思い出の味。

もし、夫がこんな病気にならなかったら、
どんな言葉で喜んだだろう・・・
どんな笑顔を見せてくれただろう。
考えても仕方が無い事を考えては切なくなる。

そんな事より、
さぁ!
早速たべさせよう。

シュークリームの皮でカスタードクリームをすくい、
スカッチソースをかける。
最初の一口目は何を食べるのかわからないので小さく口を開ける。
これはいつもそう。
甘いのか辛いのか、冷たいのか温かいのか、
何だかわからないからそうするんだと思う。
一種の自己防衛。

それで、
一口食べた夫は何かに気が付いたのか、
二口目からの食べっぷりが違った。
早くちょうだい!って言うようにシュークリームを目で追う。
大きいので半分だけ…と思っていたけど全部完食(^o^)

満足そうな夫に、
美味しかった?と訊いてみると、
ウン、ウンと頷いた(^_^)v

・・・ように見えた。





にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ずぅ
2019年07月19日 18:16
よかった、よかった。
美味しいもの食べさせたいですよね^^
シマウマ
2019年07月19日 22:44
ずぅさん、
ありがとう (^-^)

思い出の味が嬉しいのは夫より私の方なんです…
食べさせる事ができて本当に良かった。
何だか宿題が一つ終わった感じです!
次は何にしようかな(^^?