通院日

先週の金曜日は大学病院の通院日だった。
今回は和漢診療科だけ。

前回処方された桂枝茯苓丸料のその後を話す。
・以前に比べて前傾姿勢が強くなった。
・歩いている内に加速して危ない。
・何でも手で掴んでしまい強く握る。
・食事時間が長くかかるようになった。
これは嚥下が悪いというより、
食べ物の認識が出来ないのか、
口の中の感覚が鈍くなったような感じ。
硬いものを噛んでゴックンは出来る。
冷たい飲み物も飲める。
でも柔らかいものは飲み込みが悪くて口の中に溜まっている。
舌で潰れるような柔らかいものやトロミをつけた物は苦手。
人肌くらいに温くなったコーヒーも苦手。
いつまでも口の中にあって唇の右端から垂れる事もある。
・デイでの昼寝を止めてから寝付きが良くなった。
・食事中の強い眠気がなくなった。
・睡眠時も睡眠時以外でも呼吸が止まる。
これについては20日に脳神経内科で検査をする事になっている。

やはり以前服用していた「半夏厚朴湯」の方が良かったので処方。
前傾姿勢でパーキンソニズムが強いので「抑肝散」も処方された。
二つの漢方薬を合わせて煎じる。

あと、初めて便秘になった事を話した。
その後は毎日出ているけどまた便秘になったらどうしましょう・・・
と話したところ、
夫の場合は慢性の便秘ではないので弱い薬で、
「麻子仁丸料エキス2g/包コタローN126」が頓服で処方された。


私の方は前回と変わらず「清暑益気湯」
この煎じ薬は美味しい(^^)v
生薬の中に「五味子」が入っているので、
その日の体調によって味が変化して面白い。
「酸」(酸味)ー肝臓、ストレスの蓄積、目や筋肉にも関わる。
「苦」(苦味)ー心臓、貧血気味、血液循環や自律神経の働きも絡んでいる。
「甘」(甘味)ー脾臓、老廃物の蓄積、消化器系全般にかかわる。
「辛」(辛味)ー肺、体の活力不足、水分代謝や免疫機能にもかかわる。
「鹸」(塩味)ー腎臓、下半身の冷え、ホルモン、生殖器系、免疫にも関わる。
私は酸味や苦味を感じる事が多い。

ちなみに韓国に行った時は、
五味子茶(オミジャチャ)を良く買ってきたなぁ(^^♪
懐かしい・・・

次回の診察は4週間後。


にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント