テーマ:摂食・嚥下

お役立ちトリオ

最近のおかず作りの味方達を紹介。 「とろみちゃん」 これは顆粒の片栗粉。 いちいち水で溶かなくても鍋やフライパンに振り入れるだけでOK。 野菜炒めもスープもあっと言う間にあんかけ料理が出来る。 トロミ剤と違い美味しくて簡単。 「つけてみそ かけてみそ」 茹でた野菜やお豆腐にかけるだけで美味しい。 これも簡単で便利。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

コーラの効果

最近、食べ物を口に含んだままなかなか飲み込まない事が増えた。 原因として考えられるのは、 ①食べ物として認識していない ②食べる行為を忘れる ③前頭葉症状により口唇周辺に過度な緊張が入る ④全般的な口腔周囲の筋力低下 と言われているけど、 夫の場合は嚥下反射が鈍いと言われている。 夫を見ていると、 酸味の強い物やス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ゼラチンパウダーを使う

夫のように咽たり誤嚥したりすると、 普通はトロミ食や刻み食にする人が多いと思う。 でも、夫はそれだとなかなか飲んだり食べたりしないので色々と工夫している。 水分補給用の寒天ゼリーを、 スポーツドリンク600cc(グリーンダカラ)と粉寒天4gで作る。 食事は普通のご飯とおかず。 ご飯は軟らかめに炊き、 おかずの形は出来る…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

食べやすい栄養ゼリー

無呼吸防止のために減量している夫。 主治医からは、 体重を落としても栄養は摂らなきゃだめですよ! と言われて試してみたのが「ネスレ アイソカルゼリー」 https://shop.nestle.jp/front/contents/nhs/isocal-jelly-hc/ 初めは1000円のお試し品を買って食べてくれるかチェック!…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

介助用スプーンを使ってみた

耳鼻咽喉科の先生から一口の量を少なくしてください! と言われたけど、ついつい多くなってしまう。 多いと唇の右端から漏れ出てしまう。 これはデイでの昼食でもよくある事だと言う。 夫は飲み込む力が弱いと言うより、 舌の動きが上手くいかない感じ。 そこで、 食べる機能を引き出す「リードスプーン」を買ってみた。 スプーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知らなかったトロミの世界

今までトロミをつけるって事は、 お茶とかジュースの中にトロミ粉を入れて、 クルクルかき混ぜたら出来上がり!と思っていたけど・・・ 去年、夫が尿路感染症で入院した時のこと。 同室だったお爺さんたち3人が、 トロトロは嫌だ!不味い!と看護師さんに怒っていた 今回、トロミ剤を買って色々と調べてみて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

交互嚥下

初めて「交互嚥下」と言う言葉を知った。 でも、この言葉は知らなかったけど毎日やっている。 夫は食事中に食べかすが口の中に残る。 そのままだと食べかすで誤嚥して怖いので、 ずーっとモグモグしてるなぁ~という時は、 飲み込んだ後に寒天ゼリーを一口食べさせて、 口の中や喉の中を綺麗にしている。 食事中に軽く咳き込んだり、…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

嚥下障害を知ろう

「嚥下障害」と言われると、こりゃあ大変だと思ってしまう。 でも、耳鼻咽喉科の先生が言うには、 特別に悪い事態になってしまったと言うよりも、 加齢や病気によって、 歩けなくなったり、 目が悪くなったり、 耳が遠くなったりと同じように誰にでも起こりうる事。 適切に対処すればいいとの事だった。 ちょっとだけホッとした(ーー;)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通院と往診

先週の金曜日は大学病院の通院日で、 土曜日は訪問医の先生の往診日だった。 大学病院では、 前回、脳神経内科の先生から、 耳鼻咽喉科のコンサルを入れてもらったので受診。 訪問医の先生からの睡眠時無呼吸のデータを見せた。 訪問医の先生からは、 無呼吸の回数が多いのでシーパップ療法の提案。 脳神経内科の先生は、 シー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

エンシュア アイスを食べさせてみた

エンシュアHコーヒー味でアイスを作ってみた。 ただ凍らせただけ(^^;) 缶を開けて100均の製氷皿に入れると、 想像してたよりもサラサラとした飲み物だった。 もっとトロッとしているのかと思った。 少し味をみてみると、 甘~くて濃いコーヒー牛乳って感じ。 製氷皿は1㎝×1㎝ の小さな氷ができるものにした。 ちょう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more