テーマ:

漢方薬の効き目

ゴロゴロブームに変化が出て来た。 布団の上で寝返りを繰り返していても長くは続かなくなった。 前よりも寝付きが良く寝相の悪さも改善。 漢方薬の効果かもしれない。 前回処方された煎じ薬の中に、 汗を調節して熱を発散する「桂枝加黄耆湯」がある。 これを飲んでからあまり寝汗をかかず気持ちよく寝ている。 しかし・・・ 良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴロゴロが止まらない

今回のマイブームは手強い! もう1か月位、寝相の悪い状態が続いている。 とにかく思いつく事は何でもしてみた。 布団を変える、 パジャマを変える、 抱き枕を持たせる、 お風呂の時間、寝る時間も色々と変えてみたけど変化無し。 友達にゴロゴロの様子を話していたら、 敷き布団に接しているところが暑くて寝苦しいのかも…と言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2週間の入院、そして退院

土曜日の朝、 朝食を食べさせていると先生が来られた。 夫の顏を見て「今日、退院ですね」と言って喜んでくれた。 退院は昼食後になった。 帰る前に最後のオムツ交換。 ちょうどウンコが出ていたのでお湯で綺麗に洗ってもらい、 紙パンツに穿き替えさせてもらった。 看護師さんが、 ちょうど排便した後でスッキリして良かったですね!…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

入院一週間目

あっという間に一週間が過ぎた。 今日の夫は調子が悪い。 眠気が強くて食事が進まない。 朝食は何とか食べられたけど昼食は殆ど残した。 昨日のリハビリでは上手に歩いたと言う事だったのに、 病院の土・日曜日は検査もリハビリも無くて、 一日中ベッドの上で過ごす。 歩数0歩だ! 足の衰えが心配・・・ 体調のほうは夜になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院6日目、緑色のウンコ

本来ならば金曜日は大学病院の通院日だった。 キャンセルしようと思ったけど、 私の和漢外来と母の整形外科の受診もあり妹も入院中なので、 夫の食事介助と口腔ケアは看護師さんに任せて行く事にした。 和漢外来では主治医の先生に情報提供のお礼を言って、 現在の夫の様子を話した。 私の診察では、 良くなっていた膝がまた悪くなっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入院4日目、一般病室に移動

4日目の朝、朝食介助のために病室に行くと師長さんが、 「夜に38度の熱が出ましたが特に問題もなく寝ておられました。 もう夜は付き添わなくても大丈夫だと思います・・・」と言う。 良かった。 そして今日は重症室から一般病室に移動になった。 でも、常に看護師さんの目が行き届くように、 ナースステーションの真ん前の4人部屋。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入院2日目(月曜日)

朝になった。 夫の熱は下がらず眠り続ける。 言語聴覚士さん、理学療法士さん、 管理栄養士さんが夫の様子を見に来られたが、 夫は朝食が来ても昼食になっても目を覚まさず眠り続けた。 退院時の希望は、 自分の足で歩ける事と、普通のご飯が食べられる事。 この二つをお願いした。 主治医の先生が「意味性認知症」は初めて知った…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

内科病棟に入院

ERから出てきた夫は、 処置室で水分補給の点滴をして、 心電図のモニターを着けて、 血液と尿の検査結果を待つ事になった。 暫くして、 ERの医師に代わって担当の医師が説明に来た。 39度3分の熱が続いている事、 オシッコの量が少なく、色が濃い事。 白血球の数も多くて「尿路感染症」だと思いますが、 他に原因があるかも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

通院日と看護フェア

昨日は大学病院の通院日だった。 今回は和漢外来のみ。 日中の眠気が強くて水分摂取が進まず煎じ薬を止め、 頓服のエキス剤を服薬した事を伝えた。 今回の煎じ薬は、 睡眠の質を改善する「酸棗仁湯」と、 飲み込みを改善する「半夏厚朴湯」になった。 これで2週間様子をみる。 この日は年に1度の「看護フェア」の日。 イ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

強い眠けと飲み込みの悪さを改善させる

4月下旬、 夫がデイの昼食を完食出来なかったと連絡が来た。 眠気が強くて口が開かず特に水分摂取が困難との事。 主食4割、副食7割。 今までこんな事は殆どなかった。 その数日前から連絡帳には、 「眠気が強く水分が進みません」と書かれてあった。 自宅でも食べている途中で居眠りして、 左頬に食べ物が残りハムスターのような顔…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

病院ばかりの一週間

先週のお出かけは病院ばかりだった。 火曜日は私の整形外科受診と入院中の従妹のお見舞い。 木曜日は夫の歯科。 金曜日は大学病院の通院日だった。 従妹(53歳)は膝の手術をして入院中。 実は、私の妹(49歳)も半月板を損傷して手術を勧められている。 私の膝が悪いのは、そういう家系なのかもしれない。 木曜日は前回訪問して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳鳴り

私の事。 最近、夜になるとキーンと耳鳴りがする(>_<) 色んな衰えを実感する今日この頃。 先週は夫の大学病院の通院があった。 私も夫と同じ和漢診療科の先生に診てもらっている。 治療目的は、膝の改善だけどなかなか良くならず腫れている。 耳鳴りの事を話してみたところ、 今まで飲んでいる漢方薬の他に、 寝…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

真冬の通院日

今年は暖冬だったのに一気に真冬。 たまたま雪が降った金曜日に大学病院へ行って来た。 前回の診察で先生が、 次回の診察日に大雪だったら無理しないで、 奥さんだけ来られてもご主人のお薬をお出ししますよ。 その次に診察しましょう・・・と言ってくれた。 それで、 雪が酷かったら私が電車とバスを乗り継いで行く事にして、 夫はデ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

待合室での井戸端会議

昨日は大学病院の通院日だった。 皮膚科・和漢診療科・特殊歯科の3科を受診した。 皮膚科の診察が予約時間通りに終わり、 次の和漢診療科へ行くと多くの患者さん達が待っていた。 夫の順番が来るまでは1時間半はかかりそう・・・ 早起きした夫は、 眠くて眠くて椅子から落ちそうになるので、 長椅子に横にさせてもらい寝かせる事に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

病名がわかった

昨日は大学病院の通院日。 甲状腺の検査結果が出た。 血液検査の結果、 「橋本病」だとわかった。 橋本病は、甲状腺に慢性の炎症が起きている病気。 炎症の原因は自己免疫。 本来ならば外敵から自分の体を守る働きを持つ免疫が、 逆に自分の体に反応してしまっている状態。 自分の免疫系が自分の甲状腺に反…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今度は甲状腺?

昨日は大学病院の通院日だった。 和漢診療科の受診のみで、 前回撮ったCTの画像評価が放射線診断科医師より出たので、 その読影結果の説明を聞いた。 肺については、 以前、生薬「黄芩(オウゴン)」の副作用で間質性肺炎になった時の、 古傷?があるが後は特に問題なし。 内臓脂肪が多く、肺を押し上げている{%げっそ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

EPA

前回の「ガッテン!」はEPAの話だった。 EPA(エイコサペンタエン酸)は青魚に多く含まれるオメガ3という油の一種。 夫は朝・夕の2回、EPA製剤を服用している。 ガッテンでは、 EPAはコレステロールの改善に効果が期待できると言ってたけど、 夫も、コレステロール値が高かったので処方されるようになった。 認知症と診断…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

通院日

先週の金曜日は祝日でお休みだったので、 今日が診察日になった。 夫は、 11/4に38.6度の熱が出てすぐに下がり、 11/6に地元の医院に連れて行き、CRPが4.4。 11/7はCRPが2.4に下がった。 11/9は大学病院の和漢外来で、 体力を回復させるために「補中益気湯」が処方された。 今回の診察は、その後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

発熱後の通院日

昨日は大学病院の通院日だった。 先日診てもらった地元医院の先生からの手紙を忘れずに持参。 総合受付で手紙を渡すと医事課でパソコンに取り込み、 診察時に主治医の先生がパソコンで手紙の内容を確認する。 紹介状や手紙などの文書は先生に直接渡してはいけない事になっている。 今回の診療は和漢診療科だけ。 受付のお姉さんに、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

発熱その後

昨夜の続き・・・ 深夜0時、 汗が酷いので着替えさせて熱を測ると37.3度。 良かった、安心した。 ポカリスエットゼリーを少し飲ませて電灯を消した 私は当直係として見守るつもりだったのに爆睡してしまったzzz 午前3時、 夫が敷き布団をガリガリしている音で目が覚めた。 また汗が…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

発熱

夫はいつから具合が悪かったのだろう。 昨日、デイからの連絡では、 水分・食事摂取、口の開きが悪くで進みませんでした。 と書いてあった。 今日は自宅にいたけど、 特に変わった事もなく・・・ あ、あった! 朝、布団から起き上がる時に体が強ばって、 起き上がるのに大変だったのだ。 忘れてた(-_-;) でも、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

脳神経内科の薬

夫は意味性認知症なので、 アルツハイマー病の抗認知症薬は飲ませていない。 神経内科から出ている薬は1種類。 ビタミン剤のみ。 ビタミンB群のカプセル、 「ダイメジンスリービー配合カプセル」を一日2回服用。 ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12の複合ビタミンB製剤で、 代謝に関り、神経の働きを正常にする作用がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳の力はまだまだわからない

昨日は大学病院の通院日だった。 今回は神経内科と和漢診療科。 和漢では私も膝の治療のため受診。 まずは神経内科から。 先生が夫を見るなり、 調子が良さそうですね!と一言。 そう言われた夫はニコニコしながら先生の顔を見て、 ( ̄∇ ̄;)アッハと声を出した。 久しぶりに夫が声を出したので先生も驚いていた。 私は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

通院日 特殊歯科初診

昨日は大学病院の通院日。 特殊歯科の初診と和漢診療科の二つだった。 特殊歯科は紹介状持参の重度認知症患者と言う事で、 いったいどんな口腔内なのか先生達は気にしていたようだ。 でも、 いざ診察してみると口腔内は綺麗。 口も大きく開けられて、大人しく受診。 レントゲンもちゃんと撮れた。 なぜ、地元の先生が大きな病院が良い…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

パラダイス

金曜日は大学病院の通院日だった。 今回の診察は和漢診療科だけ。 血液検査もあった。 血液検査だが前回までは採血室で行っていたが、 待ち時間が長くて大変だったので、 今回から外来の処置室で採血する事になり随分と楽になった。 初めて共同処置室に入った夫は固まっていた。 採血や点滴をするためのリクライニングチェアに座らせよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドラッグデリバリーシステムとは

どうして認知症を治す薬が出来ないのか、 なぜ現在ある抗認知症薬の効果があまりないのか、 それは「血液脳関門」があるからと言う事がわかってきた。 脳は生命の根幹なので「血液脳関門」という機能が備わり発達している。 必要な物質と不必要な物質をふるいにかけて、 栄養は通るけどそれ以外は通さない。 そのために大切な薬剤も関門…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薬の街が生んだ奇跡

またまたビーパップ!ハイヒールの続き。 富山の薬が世界を救った。 1998年 ある日、製薬会社の富山化学が、 数万種類以上ある化合物の中から、 インフルエンザに効果がありそうな物質を偶然発見。 『T-705』 と名付けられた。 富山化学の研究者は、 自分達にはウイルスに対する知識がないので、 共同研究しても…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

臨床試験

ビーパップ!ハイヒールの続き。 新薬の開発には臨床試験が欠かせない。 まず、 ●非臨床試験 マウス→ウサギ→ビーグル等→シェパード等、徐々に大きくなっていく。 ●臨床試験 最終的には人間で薬の安全性と有効性を確認 段階 ・フェーズ1 健康成人に薬を投与 ・フェーズ2 少数の患者に薬を投与 ・フェーズ3 多数の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新薬の開発とは

いつも、早く新しい薬が出来ないかな?と思うけど、 朝日放送テレビの「ビーパップ!ハイヒール」を観ていたら、 新薬の開発って凄く大変な事なんだと良くわかった。 とても興味深かったのでご紹介。 年間売上1000億円超の新薬を、 『ブロックバスター』と言うそうだ。 現在、世界で一番売れている薬は、 アメリカの抗リウマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先生も驚いた夫の能力?

今日は大学病院の通院日だった。 今回は神経内科と和漢診療科の二つ。 まず神経内科。 診察室に入ると、 いつもは割とすんなりと椅子に座るのに、 今日は座らずウロウロ 手を引いて座らせようとしたけど、 椅子を見ても座ろうとせず出口の方へ行こうとする。 良く見たら、 診察用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more